第6回(2006.01.13更新)
氏    名
山下 矩生 <やました つねお>
回卒(卒年)
5回卒(昭和33年卒)
職    業
会社代表役員 (繊維業)
プロフィール
(卒後略歴)

福大附属大濠中学・高等学校、福岡大学商学部を各卒業
大濠高等学校同窓会第6代会長
昭和38年先代(父)経営の事業、(有)山下商店を継承し代表就任
平成145月 創業75周年記念事業として新社屋を建設竣工
国選択・福岡県重要文化財民俗資料博多松囃子振興会会長
福岡市紳士服商業()副理事長

ホームページ
http://hakatayamakasa.hp.infoseek.co.jp/
コ メ ン ト
青春時代

中学から大学まで10年間を部活動で籠球部(バスケットボ−ル部)に所属し、卒業後も社会人として40歳までただ籠球の道一筋でした。(もちろん勉学にも励みましたが?)
お陰さまで中学時代は福岡市・地区・県各大会で全勝優勝、高校時代は西日本高校同選手権大会で優勝、全国大会(インタ−ハイ)ベスト8、九州に大濠ありと全国に名をとどろかす第1期黄金期を当時の部友たちと共に築くことができました。
大学時代は昭和36年西日本大学同選手権大会で福岡大初の3位入賞に貢献できました。

戦後10年過ぎの頃の「中高一貫教育」の草創期の生徒の1人です。 往時から「質実剛健」「文武両道」「道徳教育(人間としての)」が教育理念で学校方針でした。(中学は平成8年再開校)

国語の授業では「漢字のテスト」で毎日!!よく叩かれました。 10問出題で全問正解すると頭を撫でられ、1問まちがえるごとに鞭で一発・・・・・。 体育の時間は大濠公園を2周・3周とよくまあ−走らされたものです。  がしかし、今顧みるとその勉強の厳しさと体力強化そして精神教育のお陰で社会人として他人さま(国・公・県の各立)と比べても勝れども劣ることはないと自負しています。 これも恩師の先生方の心温かいご指導があったからこそと感謝しています。
そして、青春時代を共に同じキャンパスで学んだ同窓生の皆さんにも「大濠魂」が漲り、そこに母校愛が育まれていると確信しています。 息子(長男・第38回卒)も大濠高校でお世話になりました。

仕  事

繊維製品(ユニホ−ム・山笠用品など)の販売会社を経営しています。
ユ−ザ−の多様なニ−ズにお応えし着用してご満足いただけるユニホ−ムを提案販売しています。
博多の夏は「山笠(やま)」と共にやってきて、博多っ子は血が騒ぎ心が弾みます。
仕事もせないかんし、「山笠(やま)」を舁かないかんし、「博多どんたく」にも出なきゃ−いかんし・・・・・、 今年も いそがし いそがし の1年となります。

現役学生に一言

中国の論語の一節に「一以貫之」と記されています。
   (参考になれば幸いです。)

(詠) いちをもって、これをつらぬけ 
(釈) いろいろの事に手を出し、次から次えと目標を替える事をしないで
唯一筋に目標を貫け

 



 

 

トップヘ戻る