第64回卒業生の 同窓会入会式が行われました。

 平成29年2月28日12時40分より母校体育館3階アリーナーで、平成28年度第64回生の605名が出席し同窓会入会式が行われ、フレッシュな若人が晴れて高校同窓会に入会されました。大塩信一先生(28回卒)の司会で開会され、相良浩文校長公務出張に付き、清水和弘副校長より「64回生皆さんの3年・6年間の学園生活を糧に、これまでの学びを意味づけし、さらなる挑戦を図って欲しい。同窓会は種々なチャレンジが行われています。昨年から『夏の成人式』が母校食堂で開催され20歳になる大学生は、各界で活躍中の先輩方と交流し就活の情報交換ができました。また、同窓会は7支部活動されており、関東支部では今年から、関東地区へ進学した大学生を招いて支部総会が開かれます。都合をつけて是非出席して先輩方と交流してください。」と挨拶がありました。同窓会本部から、百田 篤会長(10回卒)公務の都合で石村国芳副会長(13回卒)が「入会おめでとうございます。新卒の若い64回生のみなさんが入会されますが、これからの先輩同窓生との出会いを大切に、大いに膨らませて欲しいです。」と歓迎の言葉を贈られました。続いて、浅田雅宏副会長(20回卒)、堀 秀明組織委員長(29回卒)、小口幸一企画委員長(14回卒)、高原広文総務委員長(31回卒)、森下公介企画委員会副委員長(21回卒)、新村 優組織委員会副委員長(46回卒)、吉田智孝事務長(19回卒)の皆さんが出席し、担当委員会の取り組みをそれぞれ説明されました。


トップヘ戻る