関西支部便り! 軟式25年ぶりの全国大会を応援しました・・・
今夏の明石市で開催された、第57回全国高等学校軟式野球選手権大会(8月25日(土)~5日間)に福大大濠は25年ぶり2回目の出場。その初戦から準決勝まで駒を進めた試合を、関西支部の皆さんが心を熱くして応援しました。準決勝では本当に惜しく悔しい結果となりましたが、初戦と準々決勝戦の勝利時に2度、校旗掲揚のなか校歌が球場一杯に高らかにながれ感極まりました。選手皆さんの頑張りに感動し眼が潤みました。チームは最後まで諦めない素晴らしい福大大濠野球を見せてくれました。全力を出し切ったチームの皆さんご苦労さまでした。本当にありがとう・・・!!
そして、関西支部より大会の応援記が届きました。ご覧ください。
軟式野球部全国大会大健闘 !
 第57回全国高等学校軟式野球選手権大会が2012年8月25日から兵庫県明石トーカロ球場、高砂球場で開催されました。 大濠高校が25年ぶり2回目の出場です。
 関西支部上げて、応援を呼び掛けました。23日宿泊所(神戸チサンホテル)へ祝儀と選手諸君へ激励にまいりました。
 25日第一戦富山第一高校と対戦、3対1で勝ち、27日比叡山高校と対戦延長10回で1対0で勝ち、28日準決勝、優勝候補の中京高校との対戦1対2で惜敗です。(優勝中京高校)
全国大会の晴れ舞台、大濠魂で大活躍でした。おめでとうございました。
 関西支部の皆さん、3日間に渡り遠方から、猛暑の中総勢約40名以上の方が、家族の皆さんを含めお応援に駆けつていただきありがとうございました。母校愛に心から感謝申し上げます。 和田部長、中島監督、現役の皆様、大濠パワーを頂きました。ありがとうございました。
猛練習で鍛えて「文武両道」の大濠魂で、来年も、全国大会出場期待しております。
合掌
2012年9月吉日 関西支部長 小嶋 久夫

提供=関西支部 塚本氏(7回卒)撮影