同窓生活躍しています! 船津 潔氏(17回卒)初出版しま〜す!

 12日(月)午後2時過ぎ、「本を生まれて初めて書きました。出版しますのでPRに出てきました。」と同窓会室のドアをノックされた。ちょうど前校長青木重夫氏(6回卒)も来室中で直ぐに当時を回顧した師弟間の話題で和やかな会話が弾んだ。船津氏は進学した大学のサークル「ミュージックファンクラブ」で集い音楽の研究を楽しみつつ、学外の音楽専門家(尊敬する)とも顔なじみになり、結局卒後もその音楽の路へ歩を進めている。現在「音楽ライター」、そして、今回ペンネームの「堀田はいり」で上梓している。書名『東遊伝』(鷹王と八百万の神々。 Journey To The Rising Sun )。発行は平成24年1月15日(日)に活イ書院より出版(予定)される。草稿した想いは「ひさま(陽)を信仰してきた民族、古代モンゴル、古代朝鮮、倭国(日本)など神話をもとに・・・歴史的古事記など事実を踏まえたフィクションもの」と解説があった。主人公は青春真っただ中の17歳男子だが同世代の女子も登場する。日本人の遠い記憶を呼び覚ます時空を超えた不思議物語(歴史ファンタジー小説)。乞うご期待!!


 



トップヘ戻る