同窓生活躍しています! 山下周成氏(26回卒)

 去る11月19日(土)天神平和楼で開催された、鶴友会(福岡市役所支部)で偶然出会い近況をお聞きしていたら、後日取材に応じていただけることとなった。山下周成氏(26回卒)は本年4月より福岡市消防局城南消防署の署長(消防監)を拝命されている。赴任前の市消防本部警防課長当時、あの3月11日東日本大震災が発生、国消防庁より福岡県・市消防局へも出動指示があり急遽派遣隊を編成。3月14日より21日の8日間「福岡県緊急消防援助隊」(県下各署消防士計168名・消防車救急車など54台)が陸路を走り、宮城県山元町に派遣され現地消防隊にとって代わって現地消防活動や特に行方不明者の捜索に懸命な救援作業が行われた。その派遣総括指揮官に山下課長(現署長)が指名され、その任務を全隊員と共に一致協力して遂行し隊員に事故もなく無事帰還されている。山下課長(現署長)は「現地に到着するとその大被害に唖然とし胸が締めつけられ言葉も出なかった。住民の方が福岡県から来た我々に対し、両手を合わせて拝むように感謝された。山元町の消防隊員は自宅が被害に遭っているにも関わらず捜索活動等で家に帰ることが出来ていなかったが、我々が応援に行ったことで被害に遭った自宅を震災後初めて視に行けたとお礼を言われ、山下課長も感極まり目に涙が溢れた」と述懐した。 (それらの模様を撮った写真をご覧ください。) 
(同窓会本部取材と記述)


 

写真は、福岡西方奥沖の震災時に記録された震度記録
玄界島、天神・福岡ビルのガラス破損の各被害状況です。

 


福岡市隊出発

北九州市めかり出発

緊急消防援助隊 陸路移動(昼間)

緊急消防援助隊 陸路移動(夜間)

活動状況

トップヘ戻る