同窓会へ入会 おめでとう! 第56回卒の546名

 2月28日(土)母校第一体育館で、平成20年度同窓会入会式が行なわれ、第56回卒の546名が同窓会に入会しました。和田政彦先生(25回卒・国語科)の司会進行で同窓会から郡田紀久雄副会長(7回卒)が「第56回生546名の卒業と同窓会入会おめでとう。諸君の入会で同窓生総数3万8269名となりました。現在新校舎体育館が建設中ですが50年前の卒業式を振り返り、当時の母校の周辺や市民生活の様子を話して母校の歴史を、また昨今の金融危機に始る世界的景気後退による、アメリカの、世界の、あの偉大なるGMの危機は50年前には全く思いもしなかったのです。乱世という転換期には国家とか大企業などの組織はあてにはなりません。『頼りになるのは(横のつながり)仲間の人垣』(五木寛之氏)です。それは同窓会です。同じ大濠の地で学んだ6年、3年の月日が、君たちの永い人生のなかで一番多感なときの校友、友人は、互いに支えあうことができる筈です。1回卒から56回卒までの大きな“タテ・ヨコ”のつながりの同窓会をもとに、これからの人生航路の荒波に漕ぎ出して行ってください。疲れた時、行き詰まった時、母校(港)に戻ってきてください。充分にリフレッシュして再チャレンジしてください。同窓会もお手伝いできる筈です。同窓会のホームペ−ジ、会報も活用してください。同窓会は諸君の貢献を待っています。お互いにがんばりましょう。また、5月16日(土)午後6時から天神・福岡国際ホールで行なわれる、第56回同窓会総会・懇親会は、母校が初の甲子園に出場した29回卒(昭和56年)が当番幹事となり準備を着々と進めてくれています。当日は会場を満席にする予定だそうです。県内はもとより近郊の諸君(新卒56回生は無料)の出席を待っています。同窓会室に連絡してください。tel:092−714−1681です。」と歓迎のことばを語りかけた。また、3年1組同窓会クラス幹事に就任した上野慎吾君(軟式野球部)が「同窓会クラス幹事学年代表挨拶」を壇上から“身振り手振りで明るく元気な声”で入会の決意を述べた。(写真と文)入会式後に同窓会室で卒業の記念品と発行されたばかりの同窓会会報(43号)が各クラス幹事に手渡された。


 



 




トップヘ戻る