OB活躍しています!  ’08 大学箱根駅伝で“粘走”

冬季スポーツのなかでも新年正月に毎年行われ、熱狂的ファンは勿論のこと全国的に大変な人気がある、大学箱根駅伝競走の第84回大会が2〜3日に開催。既に、当日の生中継や新聞各紙の報道でご存知のことでしょうが、駅伝部OBの石橋洋三選手(平成16年卒・早稲田大4年)は3日の復路7区を区間4位の1時間05分11秒でタスキをリレーし総合準優勝に貢献(写真)、往路は12年ぶり13度目の往路優勝、復路は3位だった。  
また、同赤木(姓:伊藤) 翼選手(平成17年卒・帝京大3年)は復路スタ−トの6区に出場、区間7位の1時間00分38秒で総合8位の入賞に貢献、往路は12位だったが復路は5位だった。


(メモ)
出場19校及び関東学連選抜チームの20チームが東京・大手町−箱根・芦ノ湖間往復計217.9`を
同10区間で母校の名誉を懸けて覇を競った。


トップヘ戻る