バドミントン部OB会
‘07佐賀高校総体ベスト16を祝う!

今夏の佐賀県下で開催された、全国高等学校総合体育大会に出場した、 
バドミントン部がこれまでにない素晴らしい戦いぶりでベスト16に勝ち進んだ。
その成果を称え、また更なる飛躍の激励に同部OB会員の28名が、9月16日(日)舞鶴セミナーハウスに同部監督並びに部員を招待した。
同部は昭和45年に現OB会長の藤本さん(20回卒)らの努力で同好会として誕生している。 これまで数多くの障害を経てようやく全国大会常連校のクラブとして成長してきている。
同会長は「この成果や体験をもとに自信と誇りを大切に、進学しても、社会人になっても、母校はもちろん日本バドミントン界の発展のために大いに活躍して欲しい」とメッセージを贈った。(金川副会長代読)
また、同窓会本部からは郡田副会長が「大濠高の名を轟かせてくれた。
精進を重ねて更に上を目指して欲しいと」お祝いと激励を述べた。
次に監督から選手並びに部員の紹介と戦績報告があり、乾杯のあと祝宴に入った。

 

 



 

 



 

トップヘ戻る