大濠OB、ギャチュンカン峰登山遠征隊長
川邊義隆さん(S34年・6回生・同窓会副会長)が帰福。


ネパール・ヒマラヤ難峰「ギャチュンカン(7,952b)の南西稜ルートから、
10月17日に世界で初めて登頂に成功した、福岡大学山岳会の登山遠征隊を率いた川邊義隆さんが快挙を手中に帰福した。
出迎えた同山岳会の関係者や同窓生に、隊員やセルパを含め全員一丸で17年前のアタックで山頂を目前も滑落事故で逝った親友隊員の馬場信一さん(当時28歳)の命日17日に成功できたと喜びの報告と留守部隊の支援協力で登山に集中できたと感謝を述べた。


トップヘ戻る