平成29年度 中・高の第70回入学式が挙行されました。
 4月10日(月)生憎の雨天でしたが、新入生609名(内女子189名)を待ってましたと歓迎するように桜花が咲くなか、第70回の入学式が行われました。中学は1~4組、高校は1~14組に分かれての学びととなります。
 相良浩文校長(17回卒)は式辞で「母校が69年目を迎えており、6年前に現在の校舎施設に改築され、新しい時代に先行する私学の雄として今あります。また、先のセンバツ甲子園は26年の空白がありましたが、アルプスでの爆音応援は、生徒と一体となった応援で大濠にはそうしたエネルギーがありお褒めをいただきました。そして、中学3年、高校3年間の学びや人としての成長、課外活動などの過ごし方」などを話されました。新入生総代で中学と高校の2名が入学の誓いを述べました。