甲子園出場に向けて、硬式野球部の必勝祈願と激励会が行われました。
 平成29年3月4日(土)午後13時より、福岡県護国神社で野球部亀井毅郎主将(2年)以下同部員は必勝を祈願し、神職よりお祓いをうけました。続き、午後2時より、学校食堂で福大附属大濠高等学校野球部選抜大会出場後援会主催の激励会が行われました。吹奏楽部の「校歌」演奏の下に選抜旗を掲げて部員入場。後援会服部準会長、相良浩文校長(17回卒)、同部林 祐樹部長(54回卒)・野田健二副部長・八木啓伸監督(43回卒)などの挨拶があり。次に来賓の毎日新聞西部本社渡辺英寿報道部長、福岡大学山口政俊学長、福岡大学同窓会(一社)有信会川畑懿子理事長、同窓会大濠翼成会安部泰宏顧問(4回卒)などより激励の言葉が述べられました。また、草香江・六本松地区の校区自治協議会長、校区まちづくり協議会長、六本松商店連合会長様もお忙しいなかご出席頂きました。祝電披露、選手代表亀井主将が力づよく大会への決意表明の後、選手は退場しました。
そして、同窓会百田 篤会長(10回卒)の乾杯で懇親会に入りしばし歓談の後に、参加の皆さんは同後援会島田 茂顧問(31回卒)の万歳三唱をもって閉会となりました。