硬式野球部 市長と県知事へ選抜出場を報告
 平成29年2月17日午前10時より髙島福岡市長へ、午後4時15分より小川福岡県知事へ、選抜甲子園大会出場の報告を行った。
それぞれ、相良校長(17回卒)は「出場までの経過報告と福岡県代表の2校で旋風を越したい」と挨拶しました。
 亀井毅郎主将は「これまで26年間甲子園に出られなかった、先輩たちの悔しさを晴らせるよう、まず1勝、次に優勝を目指します」と出場への抱負と決意を力ずよく語ってくれました。
また、東海大福岡高校(32年ぶり2回目の選抜出場)の武富校長は「福大大濠 相良校長の言葉を承けて、決勝で大濠さんと戦いたい」と語り、会場を沸かせました。
そして、両首長は「甲子園での好成績を楽しみに応援します。是非また報告に来ていただきたい。待っています」と激励と期待の言葉を贈られました。