おめでとう! ありがとう! 50季ぶり優勝 硬式野球部
 第138回 春季九州高校野球大会は、長崎市の長崎県営球場で17日(火)午前10時より決勝戦が行われ、福大大濠が7-4で西日本短大付属にリベンジを果たして、平成3年春以来50季ぶり2度目の優勝をみごとに勝とり ました。試合は大濠の米村君(左腕・3年)が先発、三浦君(右腕・2年)つな ぎ。打っては稲 本君(1年)が勝ち越しの適時打、浜地君(3年)が登板はし なかったが、7回に2点適時打で加点し優勝に導いた。前日の雨が明け、初夏を感じる五月晴れの球場で両チームとも最後まであきらめず、押しつ押されつのすがすがしい真っ向う勝負が展開された。
 選手の皆さん、ほんとうに、おめでとう! そして、ありがとう!
  
なお、大会の試合結果は
一回戦 11-1 対 神村学園  (鹿児島)
         (6回コールド)
二回戦  7-4 対 大村工   (長崎)
準決勝  4-3 対 糸満    (沖縄)
決 勝  7-4 対 西日本短大付(福岡)




ー決勝戦の様子ー