おめでとう! 全国制覇(バスケットボール部)の祝勝会が開催されました。
 さる8月2日(土)から7日(木)に千葉県船橋市総合体育館で行われた、平成26年度全国高等学校総合体育大会男子バスケットボール競技大会において、28年ぶり3度目の優勝で全国制覇に輝きました。その祝勝会は9月5日(金)午後6時から博多区住吉(キャナルシテイ)のグランド・ハイアット・福岡に、福岡大学衛藤卓也学長、同法人田中浩二副理事長、福岡県高等学校体育連盟城戸英敏副理事長、福岡市バスケットボール協会木部正俊副理事長、福岡大学同窓会(一般法人有信会)のご来賓の方々、学校教職員、高校同窓会、同部OB会、同部保護者会など関係者200名余の皆さんで和やかに祝いが行われました。相良浩文(17回卒)校長は「今回の快挙は、28年ぶり3度目の優勝だったが、これまで同大会で7度の準優勝の内5回は、対戦相手が能代高校(東北秋田)だった。また、選抜大会は優勝2回。準優勝5回の内4回は、対戦相手が能代高校(同)でした。その悔しい苦しい思いを糧に成長して今回の全国制覇に繋がっている。今回、東北秋田から福岡へ優勝の流れが変わった。これからは九州大濠の時代が始まる」と挨拶された。につづき片峰聡太顧問(監督・53回卒)より大会の経過報告と選手の紹介、そして、来賓の祝辞をいただきました。




同部の保護者会旗


相良校長あいさつ


片峰顧問の報告


ご来賓の方々


控えの部員達


鳥羽陽介(3年)主将あいさつ


学長の祝辞


ご来賓の祝辞