大濠高校応援指導部 3位に輝く

 9月4日(日)19:05からNHK BS1で全国放映された、ジャパンカップ 2011 チアリーディング日本選手権大会決勝の模様を見られた同窓生「大濠人」も感動を覚えたことでしょう。高校の部で男子チームが堂々の3位入賞に輝きました。母校応援指導部男子チアリーディングチーム16名(クッキーズ)の溌剌とし自信に満ちた一丸の演技は見事でした。その大会の様子の便りが副顧問の西 真先生より届きました。
また、同部(クッキーズ)当時の各代主将の皆さんも現在大学や社会人のチームで活躍されている「大濠人」も出場されていました。当然部OBらもスタンドから熱烈応援していました。」 ご覧ください。


27日の準決勝,大濠高校COOKIESは高校部門5番手に入りました.
演技は終盤ダンスパートまでノーミスで進み, 男子チアリーダーの登場に期待してきた観客の,大会一の盛り上がりにこたえる素晴らしい出来でしたが, ラストの4トップピラミッドで大きく崩れ,前々年の悪夢を見るような悔いの残るエンディングとなってしまいました.
さらに,ポジションどりに絡んだ不運なラインオーバーも重なり,大幅な減点を覚悟して
いましたが,演技構成やジャンプ・タンブリング,バスケットトスなど他校を凌駕したパフォーマンスを評価されて,24校中4位の好成績で2006初出場から2年ぶり3度目の決勝進出(上位10校が決勝進出)となりました.

翌28日の決勝では,JAPANCUP独特の会場の盛り上がりの中,7番目の登場.
各チームとも緊張は最高潮となりコンディションづくりに手を焼く中で, 選手は落ち着いて演技に入り,1つ1つの演技を練習通りにつみかさねて,ラスト 4トップを上げきり,渾身の演技を完成させました.
COOKIES創立以来7年間,先輩達が夢に思い描いた演技の1つでした.
演技終了後,観客席からあらんかぎりの大声で応援したCOOKIES初代キャプテン吉村玄(De Anza College, California),5代目西住俊輝(宮崎大学医学部)達の号泣に深い感慨を覚えました.

JAPAN CUP 2011 チアリーディング日本選手権大会 決勝 8月28日(日)
高等学校部門
優勝 箕面自由学園高等学校 243.5点
準優勝 梅花高等学校 225.0点
第3位 福岡大学附属大濠高等学校 223.0点

大学部門
優勝 日本文理大学
5代目 結城翔平(日本代表)
第3位 立命館大学
3代目 古澤秀晃(日本代表),高木正憲,4代目 重岡数宏

グループスタンツ部門
第2位 STINGERS&WILD CATS
初代 岡貴仁 5代目 野上 智隆,永田 恭平(3名とも日本代表)

社会人部門
第5位 チアリーディングチームREGULUS 初代 田邊 裕喜

大濠高校応援指導部 西


文化祭の二日目、11日(日)に3位入賞と同じ演技が体育館3階アリーナで披露されます。
同窓生「大濠人」の皆さん来場ください。


トップヘ戻る