おめでとう! 澤木公輔君(3年)知覧スピーチコンテストで最優秀賞!
大会テーマ『語り継がれる命の輝き・大切さ』

 第21回目となる「平和へのメッセージfrom知覧」スピーチコンテスト高校の部で澤木君が見事最優秀賞に選ばれた。同君は新聞部員として活動していたが、戦争ドキュメンタリー映画「花と兵隊」を観て戦争の惨さを知った。その後、制作した母校OBの松林要樹監督(45回卒)を訪ね取材して「戦争の実体」を直に訊き、「平和は願うものではない」というテーマで持ち時間7分以内の原稿に纏めた。今年も全国の高校から応募があり、一次原稿審査、二次カセットテープ審査を経て本選知覧会場に北は北海道全道一位の生徒など4名が出場した。同君はスピーチで「ただ知るだけでなく積極的に戦争を知り、考え行動することが自分たちに求められている」と訴えた。なお、昨年の第20回コンテストでは全国14都道府県から、2、177作品の応募があった。
  おめでとう! すばらしい成果を挙げてくれた! ありがとう!



コンテストの募集パンフレット

表彰を受ける澤木君

最優秀賞の澤木君が同窓会室を訪問


トップヘ戻る