中高対面式

 体育館アリーナーに中高の全校生徒2275名が一同に会した対面式が4月9日(金)午前9時から行われた。その対面式の意義を家宇治校長は「『森』の字を例にとり、文字下の林は3年2年の先輩たちで愛情を持って優しく、その上に新一年生がまだ右も左もわからないが乗せてもらっている。学校生活を共に有意義なものにしましょうと互いに『よろしく』と挨拶を交わすことです」と説明した。高校中学総務から入学歓迎の言葉が贈られ、高校中学の新入生代表からお世話になりますと挨拶の後、互いに対面して「よろしくお願いします」と発声しながら挨拶を交わし合った。(写真)


高校対面

中学対面

応援指導部のリードと吹奏楽部の演奏のもと校歌斉唱

応援指導部員


トップヘ戻る