バレーボール部 秋季新人地区大会の戦い!


11月1日宇美商業高体育館で高校新人バレーボール地区大会が行われ、大濠高バレー部の新チームの戦いぶりを観戦して来ました。
新チームは平成20年10月に開かれた第7回アジアユース(スリランカ国)日本代表で全試合レフトポジションに出場して、日本の準優勝に大きな貢献をした192a右アタッカー山田脩造選手(1年・最高到達高さ3b30a)を、また第63回チャレンジ!おおいた国体に県代表として出場した同部の尾上玄樹、黒木康太郎、同山田の3選手を中心に精鋭選手が揃い、来春の春高バレー大会出場を目指しての当予選を戦っていた。

期待できる!  健闘を祈る!

当日は選手の家族や同部OBの方々も激励応援に駆けつけていた。 
光安信次氏(30回卒・バレー部OB、3年次に県大会ベスト8、現福岡大学バレーボール部男子監督)も後輩部員の快勝ぶりを観戦していた。

 

トップヘ戻る