’08大濠健児の盛夏! 硬式野球編・・・
第90回全国高校野球選手県大会・ 県大会の報告

5年ぶりに県大会出場を決めた硬式野球部だったが、
7月19日(土)雷雨の2時間30分を中断した計5時間に及ぶ攻防戦の延長11回ついに女神を呼込むことが出来ず9対5で(県立)稲築志耕館高校に敗れた。
この試合も先取点をとられ追う試合運びで回が重ねられたが、5対4まで迫った8回裏攻撃中に雷雨が襲来し止む無く試合が中断された。試合再開後すぐに5対5の同点として逆転への流れをつくり、9回裏満塁、そして延長10回も満塁としたが、どうしても駄目押しの一本が出ずに、逆に11回表に4点を献上する展開となりとうとう力尽きた。
本当に勝てる流れの終盤が悔やまれる試合結果となってしまった。
しかし、選手諸君 並びに 控えの全部員の皆さんも悔しい思いで一杯でしょうが、監督の采配のもと敗れはしましたが本当に「大濠健児」らしい冷静な渋とい戦いぶりでした。

“ありがとう!”ご苦労さまでした。
これからの更なる飛躍を祈る!

さー、あらためて新チームの精進を、強化を、図っていただき母校の名誉のために、同窓生「大濠人」の期待に副うべく全部員で「大濠魂」をここにありと示して欲しい。

勝つ! 大濠野球を!
最後の最後まで諦めない
“基本に忠実”な“迫真のチームプレー”が
可能となる集中練習。
「練習は裏切らない!」

 



 

 


トップヘ戻る