伝わった!かいなー?「大濠魂」”(大濠ボーイズが留学生と国際交流)
2007年度、2回目の「総合的な学習の時間」(高校1年)


9月22日(土)留学生(福岡大学)との交流で異文化に接し、世界を知り、国際理解を深めるとともに、日本及び日本文化を生徒自らが考え行動するための一助とすることを目的にした学習が行われた。 

現在、福岡大学に留学中のお兄さん、お姉さん学生15人が高校1年14クラスに分かれて、初対面の大濠ボーイズと午前中国際交流に集中していた。
平素から建学の精神「文武両道」「質実剛健」「明朗闊達」を学んでいる、元気な男子校の健児たちは時間が経過するにつれて会話(各外国語で?)や腕相撲(アームレス)など各クラス毎の進め方で留学生と交流が進み、高校生らしくユニークな質問などの交換に教室からは明るい歓声がおこっていた。 大濠ボーイズも、しばし緊張でモジモジ状態だっただろうが、いい体験だったようだ。


 

 

「メモ」
留学生:
15名 (内男子6名・女子9名)
出身国別:
韓国女子6名、英国男子5名
中国女子2名、米国男子1名
仏国女子1名
学科別:
人文学部9名(男子5名・女子4名)
工学部男子1名、理学部女子1名
法学部女子1名、経済学部女子1名 
商学部女子2名

トップヘ戻る